田部井淳子さん

「こんにちは〜!」
軽やかな声と優しい笑顔でふらっと訪ねてくださる女性が居ました。

ひょんな事ですが、三春滝桜の話がきっかけだったと思います。
彼女は福島県の三春町ご出身で、私の母方の祖父のルーツも三春町という共通点があったのです。
その他はお名前もお聞きして居らず、ほんの少しの事しか知りませんでした。
今思うとお互いがお互いを少しだけ知っているからこそ、心の澄んだお付き合いをさせていただいたのかも知れません。
父が癌になった際は栄養についてアドバイスとご自身の癌の経験を聞かせてくださり、励ましていただきました。

「もう何度も病気をしたけれど、今も生きて大好きな登山を続けている。人間ってすごいわよね。」
とても素敵な方で、人生の一隅を共有出来たことを本当に感謝して居ます。

海外の山を登りに行くお話を何度か聞きましたが、私達は登山に関してあまりにも無知で、彼女がどういう方なのかを知ったのは昨年のお悔やみのニュースでした。

彼女は田部井淳子さん。
女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功された方です。

素直に驚きました。
この数ヶ月間、もうこの先お会い出来ない悲しみを実感すると同時に彼女の軌跡を追うという不思議な経験をしています。

是非、皆さんにも田部井淳子さんの軌跡を辿ってみていただきたいです。
田部井淳子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
田部井淳子さんありがとうございました。

Sasaki kae WEBSITE
flange studio OFFICIAL WEBSITE

(キラキラ✨)

タクシーの運転手さんとのある日の会話。

私:「雪が降ったら運転が大変ですよね?」
運転手:「私は仕事以外では出来るなら運転したくないね。」
私:「え?そこまでですか?私ずっとペーパードライバーなので雪道運転した事無いんですよ。」
運転手:「それは、事故るね。雪道運転の講習受けたら?」
私:「そうですね~、そしたら少しは安心ですよね~。」
運転手:「ただ受けるだけじゃ駄目だよ。」
私:「え?」
運転手:「目一杯アクセル踏んで車スピンさせて恐怖を味わってこないと。教官が吃驚するくらいしないと。」
私:「なるほど~!(キラキラ✨)」

Sasaki kae WEBSITE

珈琲で12時間

お酒抜きで人生を語れる人とは、ずっと変わらない関係でいられるのだろうと思う。
膝を突き合わせ熱のある言葉を交わして、お腹が空いている事も気が付かなかった。
ただ思った事を話せる機会って、実はそんなにある事ではない。
その人はまず始めに「そんじょそこらの見栄やハッタリは見抜くよ。」と言った。
お互いにどう思われたいなど一切無いし、特に面白い話をした訳ではないけれど、とても愉快だった。

ありがとう

あっという間に時間が経った。
最近はとにかく好きな事をさせてもらっている。
そうしているうちに元気が出て来た。

私は多分、今までの人生上最大の悲しみを体験したのだと思う。
けれどもうそろそろ十分に力を蓄えられたので浮上する。

父の教えが生活の隅々に染み込んでいて、いつも私を立て直してくれる。
また、人の温かさに触れて心が満たされて、感謝の気持ちでいっぱい。
私の財産だ。

来年の2月中旬ごろ、お知らせあります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
その前に外のお知らせが出来るかな、、?

2014年5月2日午前4時25分、父逝く

2014年5月2日午前4時25分、大好きな父、佐々木一登世が天国へ旅立ちました。
重い病気を患ってから一年間の闘病生活。
病気で沢山悔しい思いをしても、最期まで気丈で優しく、美しい人でした。

先日、四十九日を無事に終える事が出来、気持ちも少し落ち着きました。
本当に沢山の方に支えて頂き、温かく見守って頂いて、感謝しかありません。
有り難うございます。

父の姿勢全てが教えだと思います。
尊い父の事を沢山伝えたい思いで溢れていますが、私のこれからの姿勢でお見せする事が出来れば、最高の親孝行になると思うので、とにかく頑張ります。
これからもどうぞ佐々木家をよろしくお願い致します。

2014年6月27日 佐々木一登世の娘、佐々木香枝

1ヶ月間の挑戦

前日の大雪の影響で、空港に人がごった返していた。
出発からハラハラして、予定より倍の時間が掛かって目的地に到着。
もう既にへとへとだけど、しょっぱなから予想外の展開で面白いじゃないか。
美味しいもの沢山食べたし!

目標は明確なんだ。
1ヶ月間より貪欲に、野暮ったく、楽しんで生きるぞ。

NY

NYでの芸術活動の妄想が日に日に強くなる。
そうしていたら、吃驚だ。
NYのギャラリーのキュレーターからメールが来た。
何これ、引き寄せの法則だろうか?
私の作品をどこで知ったのだろう。
良い知らせが出来ます様に。

Sasaki Kae WEBSITE
flange studio OFFICIAL WEBSITE

If we hold on together

思いの儘に生きるのは、一人じゃないから出来るんだ。
私は結構勝手に生きているから、余計にそう感じた。

Diana Rossの「If we hold on together」を、毎朝、毎晩聴いている。
聖書にある言葉、宗教的表現と誰かが解説されていた。
私は良く知らないけれど、この歌が伝えたい事は良く解る。

慈愛に満ちた、優しい歌。
Diana Rossの表情が歌声が、また。
こうやって伝えられる人は凄いなあ。

If we hold on together
Sasaki Kae WEBSITE
flange studio OFFICIAL WEBSITE

La Môme Piaf

すごい映画を観た。
「La Môme」、シャンソン歌手Édith Piaf(エディット・ピアフ)の生涯を映画を描いた映画。
母に教えてもらうまで、私はスチールでしか彼女を知らなかった。

この映画では、彼女の波乱の人生が断片的であっても痛い程伝わって来る。
悲劇的だと言われるけれど、「Non, je ne regrette rien(水に流して)」が彼女の晩年の想いそのものならば、、どうなのだろうか。
人生の質で考えると尚更の事。

兎に角、女優Marion Cotillardの鬼気迫る演技が素晴らしい。
また、撮影は日本人映画撮影監督の永田鉄男氏、繊細でとても芸術的だった。
Édith Piafの娘がMarcel、恋人がMarcel、Édith Piafを演じたMarion Cotillardの娘もMarcelなのは、私がその他に震えた事。

Édith Piafの実際の声を聴いてみたい。
劇場で観たかったな。

Sasaki Kae WEBSITE
flange studio OFFICIAL WEBSITE

ageHa

ふと、ageHaに行きたくなる時がある。
ageHaのライティングシステムは痺れる。
美大生時代ageHaのライティングシステムは凄いと聞いて、よく体感しにいった。
特に、2010年の「House Dream feat. RASMUS FABER」は印象深い。
RASMUS FABER氏の良質な音、安次嶺宏氏が操る光、至極綺麗だった。
私と仲間は他を寄せ付けず、騒ぎもせず、只管両者を見つめていた。

最近、新しいライティングシステムが導入されたらしい。
とても気になる。

Sasaki Kae WEBSITE
flange studio OFFITIAL WEBSITE